FC2ブログ

カレンダー(月別)

10 ≪│2018/11│≫ 12
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 -

ブロとも申請フォーム

アクセスランキング

[ジャンルランキング]
日記
9702位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
ゆとり世代
394位
アクセスランキングを見る>>

カウンター

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  • 四字熟語から捉える「千本桜」

千本桜といえば、黒うさPの名曲(?)で、JOYSOUNDでのカラオケランキングでは常に上位に君臨しています。
現在もJOYSOUNDのランキングで一桁台にいるのは素晴らしいですね。
将棋で言うなら、順位戦のA級を何年もいるような人と同じぐらいの位置にいるといっても十分過言ではない気がします。
また、千本桜は小説化にもなっている楽曲ですが


小説 千本桜小説 千本桜
(2013/03/09)
黒うさP/WhiteFlame、一斗まる 他

商品詳細を見る


今回は題名通り、四字熟語から千本桜の魅力に迫ってみたいと思います。
千本桜の歌詞(一部)は下記のようになっています。(引用元:初音ミクWIKIより)

大胆不敵にハイカラ革命
磊々落々 反戦国家
日の丸印の二輪車転がし
悪霊退散 ICBM

環状線を走り抜けて 東奔西走なんのその
少年少女戦国無双 浮世の随に

(中略)

三千世界 常世之闇 嘆ク唄モ聞コエナイヨ
青藍の空 遥か彼方 その光線銃で打ち抜いて

百戦錬磨の見た目は将校
いったりきたりの花魁道中
アイツもコイツも皆で集まれ
聖者の行進 わんっ つー さん しっ

禅定門を潜り抜けて 安楽浄土厄払い 
きっと終幕は大団円 拍手の合間に

(中略)

三千世界 常世之闇 嘆ク唄モ聞コエナイヨ
希望の丘 遥か彼方 その閃光弾を打ち上げろ

環状線を走り抜けて 東奔西走なんのその
少年少女戦国無双 浮世の随に

(以下略)

重複を含めると四字熟語は8回登場しています。
*花魁道中は四字熟語じゃないです。

大胆不敵(漢検3級レベル。何事にも恐れぬ様子という意味)
東奔西走(漢検2級レベル。仕事や用事で忙しく駆け回る様子)と
百戦錬磨(漢検2級レベル、多くの実践や経験を積んで鍛えられていること)は常識の範疇だと思われるので割愛。
(きちんと説明すればそれなりに重要だと思われるんですが、常識の範疇で自己解釈等々可能だと思われるので。)

今回気になったのは
安楽浄土(漢検2級レベル)
三千世界(漢検5級レベル)
磊々落々(漢検1級レベル)
この3つについて。特に三千世界は千本桜の歌詞の解釈の一部関連してそうな(個人的に。)気がするので触れたいと思います。

磊々落々は度量が大きく、些細なことにこだわらない様子を指しています。
つまり、些細なことにこだわらない→思想の自由→現在の日本(?)ということが見える気がします。
ちなみにICBMは確かミサイルの名前だったはずなので、PVから見ても現在の日本を指している気がします。

次。三千世界は「この世のすべて。全宇宙」という意味があります。
ちなみにうちの親はこの熟語の意味を知らなかった。僕も漢検は2級持ちでしたし5級も持っていますが意味を聞かれると、かなり怪しかったです。

三千世界 常世之闇 嘆ク唄モ聞コエナイヨ

これを意味を考えていうなら
「この世のすべては暗闇の中にいて、不平不満を言っても誰も何もしてくれない」
という感じなんでしょうか?
確かにこの楽曲が投稿された2011年は東日本大震災があってそれに関連して原発関係の問題があった年でしたね。
当時の世の中を風刺した一文なのかもしれません。

最後。安楽浄土。
意味は阿弥陀仏のいる苦難のない世界のこと。またはすべてが満たされていることのたとえ。

禅定門を潜り抜けて 安楽浄土厄払い

禅定門の意味は「俗人のままで剃髪(ていはつ)し仏門に入った男子。禅定門(ぜんじょうもん)。入道」
の意味があるようです。
(http://dictionary.goo.ne.jp/leaf/jn2/127620/m0u/ より引用)



実際の千本桜のPVと合わないんですよ。これだと。
PVでは門っぽいものを確かに潜ってるんです。

ということで、おそらく、引用元のもう一つの意味「禅宗の法門。禅宗。」が正しいのかなと。

ということは
「禅宗の法門を潜り、安楽浄土(=阿弥陀仏のいる苦難のない世界)に入り、災厄がないよう祈る」

こんな感じに訳していいんだろうか?

とはいえ、
曹洞宗はじめ禅宗では、お釈迦様を本尊としています。
浄土宗はじめ浄土系の諸宗派では、阿弥陀様を本尊としています。
(http://detail.chiebukuro.yahoo.co.jp/qa/question_detail/q1016216535)
によるとなんか
禅宗と阿弥陀さまってなんか違うようなあってるような…。いやたぶん違うなこれ。

たぶん今回の安楽浄土の意味は2つ目の「すべてが満たされていること」で間違いはなかろう。
ということは

禅定門を潜り抜けて 安楽浄土厄払い
≒禅宗の法門を潜り、すべてが満たされた世界で災厄のないよう祈る

が正しいのかな。



とまあgdgdに書きましたがなんか四字熟語から千本桜の鱗片ぐらいは理解できた・・・はず。
関連記事
スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿

   管理者にだけ表示を許可する
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。